>  
長期優良住宅

長期優良住宅

右の図を見てください。

これは、日本、アメリカ、イギリスで建てられた住宅

が、建てられてから壊されるまでどれくらいの年数

だったのかを示しています。

 

日本がダントツで年数が短いのが解りますね。

そう、これが問題なんです。

 

 

せっかくの資産としての家、大金を投じて苦労して建てた家が、たった30年で取り壊されているこの現実

高度成長期からバブルにかけてのこういった流れは、何としても断ち切らねばなりません。

 

そこで、国は2008年「長期優良住宅の普及に関する法律」を公布し、家が長く住み続けることができ、資産となるような社会にしていくための第一歩としました。

 

 

  • 造っては壊す、という消費型社会
  • 良いものをきちんと手入れしながら長く使っていく
  • というストック型社会へ
  •  

 

実際、国土交通省では平成26年3月に「中古戸建て住宅に係わる建築評価の改善に向けた指針」を策定しております。

それが下記の図です。

 

 

 

青の点線で書かれているのが今までの家の価値を表したもの

20年~25年すると、家の価値はゼロ。

 

それではあんまりだということで、取り組んで是正しようとしているのが青の実践。

 

さらに、赤のB つまり経年変化による劣化を修繕、もしくはメンテナンスすることにより、さらに住宅としての寿命を延ばす

、もしくは価値を落とさない、ということ。

 

この計画の青の実践 これこそ「長期優良住宅」なんです。

 

 

■長期優良住宅の中身

 

 

 

 

 











分かりやすくご説明するためにはどうすればよいか、考えていたところトステムさんにとても分かりやすい資料がありましたので
お借りしました。

 

■長期優良住宅のメリット

▼長期優良住宅はお得

 

 

※クリックすると大きくなります。

 

上の表は、長期優良住宅以外にも、いろいろな認定を受けることで、大きなメリットがある、ということを示したものです。

中身は、大手建材メーカーさんが作成したものを頂いております。

 

試算の条件は下の方に小さく書いてありますが、主に東京都での試算、比べたのは、H4基準の家と、ということです。

 

でも見てください。

35年間で400万円以上の差ができています。

 

これって、長期でにらんでみると、結果的にはお得ですよね。


▼リバースモゲージ

 

皆様はリバースモゲージってご存じでしょうか??

リバースモゲージとは、ごく簡単に言うと、家を担保にしてお金を借りることです。

 

今までだったら、家の価値は20年くらいでなくなってしまうので、こんなことは考えにくかったのが事実ですが

長期優良住宅のように家の価値が長い間続く物件で、しかもそれを国が認定している、というお墨付きまであれば

こんなことが可能になります。

 

これなら老後の資金も、お子様に面倒をかけずに調達することが可能です。
 

 

 

▼豊かな暮らしへ

650

右の図を見てください。

(クリックで大きくなります)

 

家を50年で建て替えた場合と、200年で

建て替えた場合のコストの差をしめして

います。

 

50年と200年、ちょっと極端すぎる

と思われるかもしれませんが、わかりやすく

ということでご勘弁下さい。

 

驚くべきは

その差は200年のものは、コストが2/3

程度まで低くて済むということ。

 

欧米は、最初に説明したとおり、家を長く住み続けるので、そのお金を家とは別のことに使えるので、豊かな生活が可能になっている

といわれています。

 

 

■息吹木の家にとっての長期優良住宅

 家創りで大切なこと

     

  • ・安全・安心な家であること  →  耐震性能が高い
  • ・快適な家であること       →  次世代省エネが基本
  • ・長く住み続けられる家     →  耐久性能が高く、維持管理が容易 

 

 こんなことを基本にして、家創りを行ってきた弊社にとっては、長期優良住宅はまさにそれを具現化するものでした。

地域の中でも、いち早くこれに取り組むことができたのも、当初からその性能、その基準に適合するようなものを造っていた

からに他なりません。

 

ですから弊社は、今後も長期優良住宅を基本として家造りを行って参ります。

 

そして、その証明のために認定をとっていきましょう。

 

国の施策、時代の流れ、ともに「長く住み続けらっれる家造り」が求められています。

認定をとることによるメリットは、必ず益々大きなものになりますから。